ボディーソープは、乾燥肌を進めます

こんにちは。
健康美肌アドバイザーの石川佳子です。

外から帰ってきたり食事の前に、石けんで手を洗いますが、そのあと手が乾燥しませんか。だからハンドクリームを必ずぬる。

最近体がカサカサしてきて、体が痒い、などということはありませんか。

それらの原因はボデーソープやハンドソープのせいかもしれません。

 

脱脂力が強く、必要な皮脂まで洗い流すソープ

最近は体臭を気にする方が多いので、お風呂に入ったらボディーソープでごしごし洗う方もいるようです。

日常的には、食中毒なども流行ったりしていたので、石けんでしっかり手を洗うように言われたりします。

しっかり汚れを落とすために石けんを使うのはとても良いことなのですが、何を使って洗うかをしっかり吟味しないと、肌の乾燥が進むばかりでなく、皮膚に強い刺激を与えることになり、炎症を起こすこともあるのです。

市販のボディーソープ、ハンドソープには
合成界面活性剤などの石油でできた化学物質が使われています。

 

合成界面活性剤は石油を原料とした化学成分で、強い洗浄力が有ります。

皮膚には皮脂膜という、汗腺から水が出て、皮脂腺から脂分が出て良いバランスを作ってできた、いわば天然のクリームが全身を覆っています。

この天然のクリームがあるから肌は乾燥から守られているのです。

石油というのは人の脂より強いので、それでできた洗浄力は、この皮脂膜を洗い取ってしまいます。

だからそのあと肌がつっぱったり、カサカサしてしまうのです。

最近ではそのカサカサをなくすために保湿剤を配合したソープも有るようですが、

その保湿剤もプロピレングリコール(PG)や、シリコンオイルからできたメチコンやジメチコンといった成分が使われています。

これらは肌の中から潤わすのではなく、肌の表面をしっとりしたようにみせるための成分です。肌の乾燥を根本から改善するものではなく、かえって肌にダメージを与えてしまうものです。

 

合成界面活性剤について

界面活性剤とは、混ざり合わないものを混ぜ合わすためのもの。
たとえば水と油を混ぜ合わすために、
天然のものは、マヨネーズに使われる卵がその一つ。
合成のものは、石油が原料でできたラウレル硫酸ナトリウムなど、多数有ります。→これが合成界面活性剤です

 

界面活性剤がどのように汚れを落とすのか

たとえば手を洗う前に手を水に濡らしますが、よく濡れたら次に汚れをものから引き離さなければいけません。
また、その汚れを水中に浮かべて、再付着しないようにすることが必要です。
界面活性剤は汚れの表面に吸着して、肌から離し、濡らした水に浮き上がらせて、汚れを落とします。

汚れは、このように汚れを界面活性剤で囲い込んで引き剥がしていくので、この界面活性剤が合成界面活性剤のように強い成分のものならば、皮膚の表面を覆っている皮脂膜も引き剥がしてしまいます。

 

乾燥肌を改善するためには、石油由来成分が入らないものをお薦めいたします。

The following two tabs change content below.
石川 佳子

石川 佳子

-10歳のしあわせ素肌をあなたにお届けいたします。健康美肌アドバイザーの石川佳子です。しみしわたるみなどの肌の悩みや、痒い、かさつくなどの肌のトラブルを自分の身体を通して体験したことを元に健やかな素肌へ導くお手伝いをいたします。無料カウンセリング・体験、フェイシャルエステ初回体験¥6,000-