ローズの香りで美肌、乾燥肌対策も

健康美肌アドバイザーの石川佳子です。

 

ローズの香りについて

女性が好む香りとして一番にローズの香りがありますが、
ローズの香りの効果効能はたくさんあります。

その効果効能をうまく使えば、スキンケア効果ばかりでなく、免疫力を上げたり、ストレスケア、月経痛や月経不順などにも効果を発揮してくれます。

ただし、これら効果は天然の香りの場合です。

日本で販売されている香水の95%は、合成香料か合成香料+天然香料で作られています。
また柔軟剤に使われている香料は合成香料です。

 

合成香料については、

ドイツのDr.Dietrich Wabnerがアロマのテキストに、
「私たちの体組織では分解されず、神経組織や脂肪細胞に蓄積され、
最悪の場合には病気を引き起こす場合がある」
と書いているそうです。

 

 

天然のローズの香りが肌に与える作用は
紫外線による肌のダメージを和らげる作用
コラーゲンの合成促進作用
ヒアルロン酸合成促進作用
メラニン産生抑制作用
肌弾力や水分量に有意差
肌のキメ改善効果があると認められている

天然の香料にはこのように、人にとって有益な効果効能が有りますが、抽出にはたくさんの花を使い、たくさんの労力を使うので、それなりの値段がします。

最近では良い香りで安心などとCMでうたわれますが、それらは合成香料です。

人の脳や体に与える影響を考えると、いかがなものでしょうか・・・・・。

 

江戸時代からバラの水

江戸時代にはバラのフローラルウォーターを化粧水にしていたようです。

江戸時代の美容書「都風俗化粧伝(みやこふうぞくけわいでん)」の第七身嗜之部(みだしなみのぶ)よりますと、

花の露の伝
この香薬水(においくすりみず)は、化粧してのち、はけにて少しばかり面(かお)へぬれば、光沢(つや)をだし、香(にお)いをよくし、きめを細かにし、顔の腫物(できもの)をいやす。

花の露とりよう
いばらの花(茨の花)この花をつみとり、蘭引きかける。かくのごとき器なり。中に湯を入れてわかし、その上へかの花を入れ、その湯気、上の器(うつわ)にたまり、くちより露出するを茶碗にうけて取る也。さて、丁子、片脳、白檀をらん引きにかけ、この香具の香いをとり、いばら花露に少し入れて持ちゆる也。

▲蘭引き

バラの香りはこのように江戸時代から美肌、美白などの美容に使われていました。

バラの香りで、スキンケア、そして心を癒やし、体の免疫力をあげてはいかがでしょうか。

・・・・・・・

そのときは、かならず天然香料をお選びください

 

 

The following two tabs change content below.
石川 佳子

石川 佳子

-10歳のしあわせ素肌をあなたにお届けいたします。健康美肌アドバイザーの石川佳子です。しみしわたるみなどの肌の悩みや、痒い、かさつくなどの肌のトラブルを自分の身体を通して体験したことを元に健やかな素肌へ導くお手伝いをいたします。無料カウンセリング・体験、フェイシャルエステ初回体験¥6,000-