髪の毛の乾燥を改善するために

こんにちは。
健康美肌アドバイザーの石川佳子です。

メイクをばっちり決めても、髪の毛がパサパサだと、ちょっと残念です。
それに見た目も老けてみられてしまいます。

髪がパサパサと乾燥してしまうのは、年齢のせいではありません。

 

髪の毛が乾燥してパサつくのは、洗うもののせいです!

髪の毛を洗うとき、たいていの方はシャンプーをお使いになると思いますが、

髪の毛がパサつき乾燥するのは、そのシャンプーが原因です。

 

▼下記の図は髪の毛の構造です。

髪の毛は海苔巻きに似ています。
のり・・・キューティクル
ごはん・・・コルテックス
具・・・メデュラ

・キューティクル(毛表皮)・・髪の表面にある保護膜のような組織
・コルテックス(毛皮質)・・髪の内部を形作る組織で、髪の90%を占める
・ナチュラ(毛髄質)・・髪の中心にある組織

キューティクルは髪の内部を保護する役目があり、このキューティクルが剥がれることで、髪のダメージが進行し、髪が乾燥してパサつくのです。

 

このキューテクるを壊す原因になるのが、シャンプーに含まれる石油でできた化学成分です。

市販のシャンプーには、台所洗剤と同じ石油を原料としたラウレス硫酸ナトリウムという合成界面活性剤や様々な化学物質が入って作られています。

主な成分はラウレス硫酸ナトリウムなどといった合成界面活性剤に、シリコンオイルのジメチコン、ジメチコノールなど。
他にもジステアリン酸グリコールやBGなどといったたくさんの化学成分が使われています。

そのような化学成分を使っているので、必ず注意書きには、

・頭皮に傷、湿疹等の以上があるときは使わない
・刺激等の異常が出たら使用を中止し皮膚科医に相談する。
・目に入らないように注意し、入ったときはすぐに十分に洗い流す。
・乳幼児の手の届かないところに置いてください。

注意書きをあらためて読んでみると、そんなに気軽に使えるものでもなかったのだということに気づかされます。

配合成分の合成界面活性剤は、強い洗浄力があります。
だから台所洗剤にも使われるのですが、その強い洗浄成分が汚れをとるのと同時に、髪の毛の構造も壊してしまうのです。

キューティクルを剥がしてしまうのと、髪の毛がパサつくので、今度は
髪の毛1本1本をコーティングする成分を入れ、髪の毛を繕います。
それを髪の毛を洗うたびに繰り返します。

1日1回洗うのであれば、1日に1回、髪の構造を壊しコーティングする。2回洗うのであれば、2回です。
それを使った年数分、繰り返します。

髪にとって、良いことのなのか悪いことなのか。

年齢を重ねた方に髪の毛がパサついた方が多いのもうなずけるかと思います。

 

よく髪が乾燥しないための方法として言われているのが、よく泡立てて洗う、ドライヤーを使いすぎないなどと言われますが、

一番良い方法は、髪の構造を壊さないことです。

つまり、石油でできた化学成分が入らないもので髪の毛を洗うことです。

 

合成界面活性剤やシリコンオイルなどの化学物質を含まないシャンプーをお選びください。

 

 

The following two tabs change content below.
石川 佳子

石川 佳子

-10歳のしあわせ素肌をあなたにお届けいたします。健康美肌アドバイザーの石川佳子です。しみしわたるみなどの肌の悩みや、痒い、かさつくなどの肌のトラブルを自分の身体を通して体験したことを元に健やかな素肌へ導くお手伝いをいたします。無料カウンセリング・体験、フェイシャルエステ初回体験¥6,000-